避妊薬の服用と肝臓機能の低下

一般によく使われている経口避妊薬は、低用量ピルとよばれているもので、その中身としては、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという、ふたつの女性ホルモンの役目を果たすような人工的に合成された化学物質が一定利用配合されたものになっています。こうしたホルモンのはたらきによって、排卵がなくなったり、子宮の内側の壁が厚くなることがなくなったり、子宮頚管から出る粘液が変化して外からの侵入を防ぐバリアになったりして、性行為によっても妊娠することがなくなるわけです。
このような経口避妊薬にも副作用がいくつかあり、よく聞かれるものとしては、吐き気、頭痛、腹痛などといったものが挙げられます。低用量ピルを服用すると、ホルモンの濃度が急に増えた状態になりますので、体がその変化に追いつかず、こうした副作用としてあらわれることがあるのです。しかし、ふつうの人であれば、数日、あるいは数週間程度がまんをすれば、しだいに体がこうした変化に慣れてくるため、副作用の症状もなくなってくるといわれています。
そのほかの副作用としては、肝臓機能の低下、その他の肝機能障害が挙げられます。経口避妊薬のような医薬品は、体内で役割を終えると肝臓で代謝されて別の物質に変化し、それが巡り巡って尿などとして安全に体外に排出されることになります。しかし、この段階で肝臓に負担がかかるというのはまちがいなく、負担が過剰になれば、おのずと機能の低下というかたちでの副作用があらわれることになるのです。ただし、肝臓は物言わぬ臓器とたとえられるように、自覚症状は特にないことが多く、会社などの定期検診で異常値がみつかって、はじめてわかるという場合がよくみられます。