避妊薬の仕組みとフラコラとの併用

避妊薬であるピルは、継続的に服用することで避妊効果を得ることができるほかに、生理痛や子宮内膜症、更年期障害の症状の緩和や子宮体がんや卵巣がんなどの病気の予防にも役立つ作用があります。

では、避妊薬がどんな仕組みで妊娠しないようにするのか考えたことはあるでしょうか。

本来は、卵巣から卵子が排卵され、セックスをすることで体内に入ってきた精子と卵子が出会うことで受精卵となり、それが子宮内膜に着床することで妊娠が起こります。

しかし、ピルに含まれている女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが体内に入ることですでに血液中に十分な濃度の女性ホルモンがあると勘違いして排卵が起こらなくなります。

また、ピルを服用することで卵巣ホルモンが十分に分泌されている状態になるので、本来なら妊娠の準備のために子宮内膜を厚くする作用が働きますが、脳は卵巣ホルモンが十分に出ていると錯覚しているので子宮内膜を厚くする作用が起こらなくなります。

そして、ピルに含まれるプロゲステロンは粘膜の粘液性を高めて精子を子宮内に入らなくなる作用があります。

ピルを服用するとそれぞれの機関で妊娠をさせにくくする作用が働くので結果的に妊娠しにくくなるのです。

このように、多くのメリットが存在するピルですが、体内の女性ホルモンの濃度が増えるのでドリンクやサプリメントなどとの併用に関しては少し気を付けなければなりません。

飲む化粧水として最近注目されているフラコラは、多くのコラーゲンやシルクアミノ酸などを多く含み、美容を気にする女性のとっては欠かせないものだとされています。

しかし、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンも多く含まれているので、ピルと併用すると体内の女性ホルモンの働きが過剰になる体調を崩す恐れがあります。

そのため、フラコラを飲むのであれば、一時的にピルを服用は避けた方が良いといえます。