経口避妊薬の錠剤を服用することで起こる消退出血とは

経口避妊薬を服用すると排卵がストップしたり子宮内膜が厚くならないため、妊娠することがほぼなくなります。またPMSや生理痛、子宮内膜症などの女性ホルモンの分泌量が原因で起こる女性特有の症状や病気の軽減にも繋がります。
経口避妊薬は女性ホルモンが配合されている錠剤を21日間服用し、その後7日間の休薬期間があります。その後再び女性ホルモンが配合されている錠剤を21日間飲んで7日間の休薬期間を取る、という28日間の周期を繰り返します。気になるのは休薬期間中の避妊効果ですが、ちゃんと1シートを飲み切り、29日目から新しいシートを服用し始めれば避妊効果は問題なく継続しています。経口避妊薬を服用していると、身体の中の女性ホルモンは妊娠している時と同じような状態になるため、排卵はストップし、子宮内膜は厚くなりすぎません。これを偽妊娠と言います。妊娠している状態ならば子宮内膜はそのまま放置しておいても良いのですが、偽妊娠の状態で子宮内膜を放置しておくわけにはいきません。そのため、7日間の休薬期間を設けることで体内の女性ホルモンが一気に減り、生理が起きる前の女性の身体の中のホルモンの状態と同じになります。休薬期間が始まって2~3日で起こる出血は消退出血と呼ばれていますが、経口避妊薬を服用していない時と同じ子宮内膜が剥がれたもののため出血が起こっても心配する必要はありません。この消退出血で子宮内膜を剥がすことは重要で、いつまでも子宮内膜が残っているとガンなどを引き起こしてしまう可能性があります。
また、経口避妊薬を飲み始めたころはホルモンのバランスがまだしっかりと安定していないため、出血がある可能性があります。これも消退出血と同じく子宮内膜が剥がれたものですが、あまりにも量が多かったり長期間続く場合には他の病気が隠れている可能性もあるため、診察を受けるようにしましょう。